Bはモデル体型の20代前半。

いろいろと話ししていたら、ムラムラしてくる。

彼女とは10代のときから付き合っていて、いろいろ開発した。

お互いの気持いいポイントは熟知している。

いきなりショートパンツの隙間から、指を滑りこませる。

「ダメだよ。」

無視して、下着の上から、クリをなぞる。

ドMの彼女には、いきなりかジラすのかが良いらしい。

彼女は太股を締めて拒否するが、手を止めない。

クリが膨張してくるのがわかる。

ずっと顔を見つめていると、高ぶってきているのがわかる。

軽く濡れたところで、指を挿入する。

彼女はクリよりも挿入が感じる。

太ももから力が抜けてくる・・・・。

はじめはお尻の奥の性感帯を軽く責めると、愛液が溢れてくエッチな音がしてくる。

「あぁ・・・」

腰をくねらせながら、声が漏れはじめる・・

そしてゆっくりと指を前に向け、奥の性感帯からGへ。

手のひらを密着するようにGを触ると・・

「もうだめ、出ちゃう・・」

そのままの状態で自分も下半身裸になり、モノを彼女の口に荒々しく放り込む。

奥まで入れたモノを、舌で舐めてくる。

声を出しながらフェラされると、気持ちいい。

舐めだしてから、指を動かすをあっとゆう間に

「ダメ!!」

といいながら、潮を吹いてしまいイってしまう彼女。

そのまま、彼女の口にピストンをつづけ、バックで挿入。

「自分で動いてみて。」

ゆっくりと動きだす。

お尻を強く掴むと、彼女の声が大きくなる。

激しくピストンすると、またイってしまう。。

彼女はイってからも動かし続けると、何度も何度もイってしまうので、声が出なくなるまで激しく突き続ける。。。

動かなくなってしまったが、中はヒクヒク痙攣状態。

正上位に移動し、腰を浮かしながら動かすと、また潮を吹いてしまい、ベットがビショビショに。。

気持ちよすぎて腰が逃げようとするのを、無理やり抑える。

彼女は何度も何度もイっている様子。

「どこに出して欲しい??」

「口に出して・・・」

口にたっぷりと出してあげる。

彼女は動けないみたいでしたが。。

相性ってあるんだなって思いました。

おかげで、筋肉痛そして、皮が少しすりむけました。。